パチンコ依存症で学んだこと

パチンコ・スロット

パチンコ依存症で学んだこと

パチンコ・スロットは好きですか?

好きなアニメや映画、ゲームなどが機械になっていて楽しいですよね。

なにより一人でも楽しめます。

サービスも充実していますし、快適空間です。

ですが、ハマりすぎている方は要注意!!

今回は10年以上にわたり、パチンコ・スロットを楽しんできた自分が学んだことや身近な方の行く末を書いていこうと思います。

 

  • パチンコとは関係のないローンの返済が何年も長引く。
  • 収支によって生活の変動が起きる(ほとんどの月がマイナス)
  • 生活費が足りなくなり、どこからか工面してきて支払いが更に生活を圧迫する
  • 無駄な時間とお金を使ったと後悔する。
  • 自分を責める。

 

 

パチンコとは関係のないローンの返済が何年も長引く

以前当ブログにて書きましたが、20歳になったばかりのころに詐欺に合い借金を背負いました。

借金の返済にプラスして生活費に車のローンなどの月々の支払い、普通に暮らしていれば3年ほどで終わるものをどんどん長引き10年かかりました。

月に5万円をパチンコで負けていたとしましょう。

1年間で60万円、無駄にしているのです

(自分で記事を書きながらハッとしています(;’∀’))

さらに、欲しいものは買えず、食べたいものを我慢してパチンコやスロットに無駄に時間とお金をかけてきました。

欲しいものは、買えなかったのではなく軍資金がなくなるので買わなかった。

食べたいものは食べられなかったのではなく、もったいないから食べなかった。

 

人の金銭感覚は買い物をするときが、その人の本当の金銭感覚だと読んだことがあります。

買い物や食費をケチるくせに、パチンコ・スロットには1万円をあっという間に使えるのです。

 

収支によって、生活の変動が起きる(ほとんどの月がマイナス)

パチンコ・スロットは負けるように出来ています。

お店も利益を取らなければ、営業していけないので当たり前です。

なのでほとんどの方が毎月負けているでしょう。

私の場合、1年のうち1回くらいはプラスの時があります。

そんな時は食べたいものを食べるし、ずっと欲しかったものも買います。

でも次の月はまた負けてしまうので結局マイナスでしかないです。

また勝つか負けるかのギリギリの生活を強いられます。

勝った次の日はそれ以上に負けてしまうことと同じですね。

 

生活費が足りなくなり、どこからか工面してきて更に生活を圧迫する

毎月5万円もなくなれば当たり前ですが、生活も苦しくなります。

家族や知り合いにお願いしてお金を借りれば、当然返さなければなりません。

給料が出る⇒また負ける⇒借りるの繰り返し。

永遠に楽にはなりません。

だってほとんど負けますから。

 

無駄な時間とお金を使ったと後悔する?

時間の無駄…?勝ったし、楽しかったから無駄じゃないと思う時もあります。

好きだから遊びに行くのですから。

ですが負けた時の虚しさといったら、言葉に出来ません。

少額ならまだしも、何万円も使ってしまったら…?

お店や台が悪いのではなく、そのお店に足を運び、その台を選んで打った自分が悪いのです。

好きな台やお目当ての台にどうしても座りたいとき、早起きして朝から行きますよね。

早起きして遊びに行って、夕方・夜まで打って結局負けたらせっかくの休みがもったいないです。

やりたいことが他にもあるなら、先にやったほうがいいよって何年か前の自分にも言いたいくらいです。

仕事で1日1万円稼いだと仮定して、1日3万円負けたら3日分の給料を無駄に使ったことになるのは誰でもわかりますよね。

 

自分を責める

パチンコやスロットに負けることが続くと、勝てない自分を責めてしまうそうです。

負けてしまうのは、自分が悪いわけではないのに。

そういう風に出来ているものなのにです。

負けてしまった自分が悪いのではなく、そもそも足を運んでしまった自分が悪いのです。

ここまででやめる!と自分をコントロールできなければ行かないことをオススメします。

ちょっとだけ…というのができないからです。

実際に私も打ち始めると、当たるまで続けるタイプだと自覚しております。

何度も何度も生活に困りました。

今も楽ではないのですが、昔よりは楽になりました。

 

これまで私の周りにはパチンコ・スロットのせいで保険証がない人や税金が払えない人、携帯電話が止まった人、ローンの組めない人など様々な人を見てきました。

まとめ

10年以上パチンコ・スロットを打ってきて学んだことは

  • 支払いを先伸ばしにしない
  • 欲しいものは、先に買う
  • やることがあれば先にやる
  • 生活費を借りなければならなくなるまでやらない
  • もうギリギリなのにお店に足を運ばないです。

上記のようなことは当たり前のことなんですけどね。

依存症ですね(^^;

でも、好きだし楽しいです。

 

皆さまもご自分のことをよく理解した上で、楽しんでくださいね。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。