シンプルな生活を取り入れよう

生活お役立ち

シンプルな生活を取り入れよう

衣食住は、生活の軸です。

現代は食べ物や、生活に使うもの、住む場所までいろんなものが溢れています。

シンプルな生活をすると、刺激は少ないかもしれませんがプラスなことがたくさん♪

今回はシンプルな生活について書いていきます。

太陽からエネルギーを

朝、起きたらまずカーテンを開けて朝日を浴びましょう。

脳にセロトニンが分泌され、癒し効果があります。

体内時計もリセットされ、ダイエットにも良いそうです。

ストレス軽減にもなるそうですよ。

カーテンを開けて、朝日を浴びるだけでいいこと尽くめ。

利用しない手はありませんよね。

口にするもの

飲み物は結局水が一番身体に良いとされています。

緑茶や烏龍茶などのお茶も良いです。

ガン予防になったり、脂肪を分解してくれたり、美肌になったり。

カフェインの入っているものや、利尿作用の強いものもありますので飲みすぎには注意したいですね。

野菜ジュースやフルーツジュースは、自宅でミキサーを使って作った方が余計なものも入っておらず栄養価も高いそうです。

ご存知の通り、炭酸飲料などのジュースは砂糖がたっぷり入っていますのでオススメできません。

コーヒーや紅茶なども、砂糖やクリームは控えめにしたいですね。

食事はパンよりもご飯を

パン、個人的には大好きです。

ごはんも好きです。というか炭水化物全般好きで、どうしようもないです^^;

基本的には、ご飯とお味噌汁を。

少しの肉や魚、野菜を摂りましょう。

身体にいいもの・悪いものがたくさん紹介されていますが、結局のところなんでも偏ってしまえば意味がないそうですので、いろんなものをバランス良く食べることが好ましいです。

好き嫌いのある方は大変でしょうけど、いろんな食材を食べてみてくださいね^^;

旬の食材は積極的に摂取

旬の野菜や魚は、よく育っていますし、栄養価も高いそうです。

養殖やビニールハウスの普及により、1年中食べられるものも多いですが、旬の食材を摂取したほうが

身体にうまく働きかけてくれます。

体調を整えるためにも、旬の食材は積極的に取り入れていきたいですね。

運動はお金をかけずに

スポーツジムに通っていた時期があります。

確かにスポーツジムは運動器具もたくさん揃っていますし、ヨガやエアロビクス・ダンスやプールもあり充実しています。

同じジムの方と仲良くなったりして、一緒にプログラムに参加するのも楽しいでしょう。

ただ、ダイエットや運動不足改善だけが目的でしたら、家で継続することが出来れば結果はついてきます。

意志の強さが必要ですが( ;´・ω・`)

スポーツジムに毎月お金を払い、全く行っていない人もいるのでもったいないですね。

結局は自分の意志なのです。

継続していれば、最初は大変でも習慣になってきます。

お金をかけずとも運動は出来るのです。

スポーツジムに行こうか悩んでいる方、ラジオ体操でもウォーキングでもなんでも良いのです。

まず家での運動から始めてみてはいかがでしょうか(^-^)

部屋の中でのこだわり

以前の私は、ディズニーが好きで、スヌーピーも好きで…

映画やスロットも好きだし、好きなものがたくさんあり、欲しいと思っては買っていました。

現在はディズニーだけにしていますが、物もこだわる様になり、以前と比べて部屋がスッキリしています。

アニメやキャラクターものも好きな方は多いと思います。

あれもこれも買っていては物が溢れてしまいますよね。

必要最低限なものだけを買うように気をつけると、物が増えずに掃除もラクにできます。

節約にもなりますしね(^-^)

家具やインテリアの色も同系色にするように気をつけて購入していくと、統一感が出ておしゃれでスッキリ見えてオススメです。

部屋には緑(グリーン)もオススメ

お部屋には、ぜひ生花や観葉植物を置いてみてください☆

空気清浄効果があったり、グリーンは目で癒されたり、風水にも良いです。

葉のとがったものは、邪気を払うため玄関に置き、葉の丸いものは寝室に置くと良いとされています。

最後に

無駄なものを摂取しない・無駄なものを置かない

それだけで身体も健康に近づき、無駄な出費も防げるかしれません。

シンプルに生きて、毎日を楽しく健康に過ごしたいものです。

若いうちはいろんなものを集め、まだあるのに違うものを欲しがったり、いろんなお菓子を食べ、いろんなジュースを飲んだりしてきました。

今ではジュースも飲まず、水がメインです。

朝方まで飲み歩いて、数時間で仕事に行くこともしばしば。

たまにはお付き合いも大切ですが、自分の生活や自分の身体ですから考えて過ごしていきたいですね。

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。